Archive for the お知らせ Category

2019年10月 / 報恩講・秋季永代経のご案内

10月 8th, 2019 Posted in お知らせ, コトバ, 徒爾綴 | no comment »

一人の人の死は悲しい

しかし、残された私がその事から何も学ばず

何ひとつ生み出せないとすれば

それはもっと悲しい            酒井義一

 

「終活しておいた方がいいかな」というご相談がしばしばあります。

そんな時、私はいつも「あまりお勧めはしません」とお応えしています。

実際、私は娘に「君が納得できるようにしてくれればいい」としか伝えていません。

 

なぜなら、終活を丁寧にすればするほど、遺された人は悩む事なく葬送の儀を執行する事ができますが、それが本当にいい事なのか私にはよくわからないからです。

 

私は「悩む」と言う事は「向き合う」事だとも思うのです。

大切な方の死を受け止めるには時間がかかるものですが、その悲しみの中で慌ただしくも様々な決断を迫られ、その事で悩み、相談し合い、決断していく行為には大切な意味があると思います。

 

大切な方をどの様に送るのかと悩む事は、今後自分がその死(その方)をどのように自分の内に抱え、受け止めて生きるのかが含まれていて、それは同時に「跡を継ぐ」事の始まりとなっているように思います。

 

私自身、先代住職と共に生活したのは半年ちょっとですが、今でも生活していた頃の思い出だけではなく、葬儀や中陰の事が思い出され、折に触れ「先代から受け継いだ」”今”を意識します。

 

また、遺品整理も大切な出遇い直しのきっかけとなります。

どんなに些細なメモ書きであったとしても、そのメモを手に取る事で、跡を継ぐ者は何かしら感じるものです。

物に触れ、思いを馳せる事によって故人の大切にしていた事、あるいは人知れず悩んだり喜んだりした一面に気付かされる事があるのです。

そしてそれを通して、再び故人を身近に感じる事で、今ある自分の有様を振り返るきっかけにもなります。

今、仮につまらない物だと思っても、遺された人にとっては大切な遺品となったり、思いもよらない気付きになったりするのです。

 

家族葬も増えているそうですが、遺品だけでなく、「人間関係」もその人が生きた証です。

都合の良し悪しではなく、縁ある方々と共に見送る事を通して、遺された人は「自分の知らない故人」に出遇う機会をもらうのだと思います。

 

なので、必ず終えるこの人生に悩みつつも、教えに導かれながら生き切る事が一番の終活だと思います。

来月11月9日(土)、10日(日)は報恩講です。

それぞれが教えに訪ねてく時間を共に過ごしたいと思います。

 

報恩講

◎11月9日(土)

13時30分 逮夜

御俗姓 大阪 光照寺 日野廣宣 師

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 2席

18時   初夜兼お内仏御取越し

御伝鈔 住職

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 1席

◎11月10日(日)

7時    晨朝

朝御講(御斎をみんなでいただきます)

10時    結願日中

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 1席

 

秋季永代経

13時30分

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 1席

以 上

御遠忌高札をたててくださいました!

4月 3rd, 2019 Posted in お知らせ, 法要案内 | no comment »

長源寺では、2020(令和2)年4月4日に蓮如上人500回忌を、翌5日には宗祖親鸞聖人750回御遠忌を厳修いたします。

御遠忌まであと1年ほどになり、先月末日にご門徒の皆さまが高札をたててくださいました。

「まだまだ」と思っておりましたが、「いよいよ」といった感じがしてまいりました。

ご門徒の皆さまが毎月集まって相談し、一緒に考えて行動してくださる姿に背中をおされます。

及ばずながら精一杯お勤めさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

SMILE AGAIN LAST LIVE @長源寺 報告

7月 21st, 2017 Posted in お知らせ | no comment »

去る7月17日(祝)、SMILE AGAIN LAST LIVE@長源寺が無事開催されました。

告知通り、先ずは「ろっ骨エクササイズKaQiLaで体をほぐし、その後HEART&SOULを代表して門馬綾子氏の挨拶、住職挨拶と続き、すぐにLIVEスタート!

ありえない至近距離での本格的な歌声に、会場の皆さんも一体となる大変な盛り上がりでした。

開始から途切れることなく辻田浩志院長の整体を受ける方もおられ、みなさん大変喜んでくださいました。

LAST LIVEということで、今回が一応の節目ではありますが、今後また開催できることを念じてやみません。