Archive for 9月, 2011

平成23年 報恩講並びに秋季永代経

9月 9th, 2011 Posted in 法要案内 | one comment »

 新涼のみぎり、ご門徒の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また、平素は当院護持に、格別のご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、今年は長源寺宗祖親鸞聖人七五〇回御遠忌の準備委員会が発足いたしました。今こそ改めて、何の為にこの寺が建立されたのか、御先祖は、後世の我々に何を願って真宗門徒になられたのか、また、次の世代に何をどう受け継ぐのか、を問い直す事が肝要ではないでしょうか。それは自分が何を中心として生きているのかが、明らかになる問いでもあるでしょう。お金でしょうか、地位や名誉でしょうか、それもいいでしょう。ただ、それらが崩れ去ったら、何を頼りとして生きていくのでしょう。

 最近、安心・安全・安定が今まで以上に求められています。宗教や自己啓発セミナーでの「不動心」が求められます。しかし、生まれてからこの方、変わりつつある私たちに不動なるものなどあるはずもなく、また流動的な世界情勢に不動で居られるものなのでしょうか。以前にもご紹介致しましたが、平野修先生のお言葉で次のようなものがあります。

「100%安心しようとする心が、そのままで不安を生み出します。100%安心しようとする心が不安の種を探し出してしまうのです」

 先日、石川県の藤場俊基先生のお話から、不安の種は私の持つが、今なら原発事故や震災、不況をとして、不安というが出ているのだとお聞きしました。ご先祖は、縁あらば不安になり、怒り、悲しむ私たちの有様を問う道場としてお寺を建立なさったのではないでしょうか。いつの(時代を超えて)、どこの(国も超えて)、誰もが(立場や性別を超えて)「そうだ」と頷き続けてこられた、不変で、普遍なるモノが高橋先生のおっしゃる「まことのこころ」であり、真実とよべる事ではないでしょうか。自分の思い、お金や地位や名誉、その他移りゆくモノを中心とするのは揺れ動く動揺の人生です。そういう物を自分の中心に据えるのではなく、まことの教えを中心に据え、無常のわが身を揺れ動いて生きて行く人生こそ、同じ揺れでも、立脚地のある、根を張った人生だと思います。

 どうか、諸事ご多端の折、後生の一大事と心にかけて、万障御繰り合わせの上、ご参詣くださいますよう、ご案内申し上げます。 

    合掌

 

        

日 時 平成廿三年十月十五日(土)~十六日(日)

報恩講 十五日 結願逮夜 午後ニ時   御 初 夜  午後六時半

       十六日 結願晨朝 午前七時      結願日中 午前十時

永代経 十六日            午後一時半

 

御法話 大阪市生野区 光德寺御住職        高 橋 法 信 師

以 上

慶運山 長源寺 住職 釋 卓静

2011年9月

9月 3rd, 2011 Posted in コトバ | no comment »

どこまでも この身の痛まぬところで 他人に同情している

 この不実さを 恥ずかしいとも思わず  浅田正作

 

今「震災」というとほとんどの方が、東北を思いおこされます。

ニュージーランドの震災に触れる方は、稀でしょう。

お身内を亡くされた方以外は、国内の方がリアルなんでしょうね。

 

東北の震災でも、「可哀想」「痛ましい」と思っても、その気持ちや、その時におこした行動は、時間と共に日々の生活に埋没していってしまいます。

また、話題に上がるのは、被災地の震災や津波の被害ではなく、原発の方が主になっているのではないでしょうか。原発の方が、わが身に火の粉が振りかかる可能性が高いですからね。

最近、奥さん方の会話をお聞きすると、食料品店なんかで、「被災地がんばろう」とか、応援セールがあっても、放射能汚染が気になって、どうしても家族に食べさせる事を思うと敬遠するという意見をよく耳にします。もちろん、被災者とて例外ではなく、被災地の農家の方が出荷制限をクリアして安堵する半面、それをわが子に食べさせる事には躊躇するという。

 

さて先日、藤場俊基師のご自坊で、

「かわいそうというのは 自分でなくて良かった という意味がある」

という言葉を目にしました。

 

これは、私の事を言い当てられている言葉ではないでしょうか。

同情するという事を否定しているわけではないと思います。ただ、人間の本質や、苦悩の種を説く仏法では、同情するという事の聞こえは悪くありませんが、どこまでも同じ所で寄り添っているという事とは違うという事を知っておいてほしいという事なのではないでしょうか。

なぜなら、私たちは、自分に火の粉が降りかかると、とたんに関われなくなるどころか、自分の事で精一杯になり、同情することもかないません。

私の思いや行動は末通らない。言葉も心も理屈に合わなくなる事がしばしば。

ただ、その中でも、自分がどう関わるのか、あるいは、どういう態度をとるのかは、個人の縁次第なんでしょうね。

遠くの話だと思えば、「大変だな。少し支援金に協力するか」

縁ある方が関われば「自分に何ができるだろう」とそわそわする。

縁が近ければ近いほど、突き動かされる。

 

普通の感情だと思います。

でも、わが身に引き当てて同情し、胸が痛むのが普通の感情であるならば、人の事より先ずわが身を案じてしまうというのもまた、普通の感情であるという矛盾を抱えているのが、人間の悲しい本質なのではないでしょうか。