Archive for 1月, 2016

2016年1月

1月 9th, 2016 Posted in コトバ | no comment »

自分の座忘れて 人の座につこうとするさけ むつかしなる

山越初枝

 

私が長浜に来たのは2005年の12月です。

早いもので、あれから10年が経ちました。

 

40年にも満たない人生ですが、自分の中では比較的濃い10年だったように感じています。

 

ここに来なければ考えもしなかっただろう物事に悩み、喜び。

ここに来なければ関わる事にもならなかっただろう人間関係に悩み、喜び。

 

振り返ってみますと、そのどれもが与えられていたことであったと思います。

 

住職になれたのはご門徒さん方のおかげです。

夫になれたのは妻のおかげです。

親になれたのは娘のおかげです。

うまれることができたのは両親やそのまた両親、先祖のおかげです。

兄弟になれたのは兄弟姉妹のおかげです。

叔父になれたのは姪たちのおかげです。

同僚上司部下の関係だってそうです。

 

職場でも地域でも家庭でもどこでも、私が私になっているのは私を私として関わってくださっているみなさんのおかげです。

そのひとつひとつを数え上げればきりがありません。

 

私が自分で存在しているつもりですが、それは全て獲得したものではなく、与えられた「座」があって、その関係性の中で偶然私としてあっただけでした。

無数のおかげ、無数の縁が私であり、どれが欠けても今の私にはなっていなかったのです。

 

そうなると、私が住職ですという言い方よりも、住職という座を私がお預かりしていると言った方が相応しいように思います。

夫という座を妻によって賜り、父親という座を娘によって賜る。

あらゆる立場を誰かによって賜っていたのではないかと思いました。

 

悲しいことも、嬉しいことも、辛いことも、苦しいことも、どれもこれも全て、たまたまの「縁」の中で与えられた、私専用の悩みであり、苦しみであり、喜びなんです。

誰とも代われません。人の座は人の座です。

とり代えても、それはまた私専用となり、想像していたものとは違うのでしょう。

 

とはいえ、俺がオレこそがとすぐに自我がかま首をもたげ、どれもこれも与えられた座であることを忘れ、自分の苦労・自分の手柄・自分自身が中心になりがちな私です。

 

自分自身が中心になると、住職という座をお預かりしている私ではなく、私が住職だと言い、私が父親だ、私が私がと座の私有化をします。

自分の座を当たり前だと感じるようになり、疎かにします。

 

与えられてきた自分の座を忘れ、人の座と比較し、羨んだり妬んだり蔑んだりするんです。
横柄になり、思い通りにいかないことに腹をたてるんです。

そうやって足元を見失い、おかげさんを忘れ、悲しみと悔しさに埋もれてしまいます。

 

そんな私ですから、この10年の歩みと、10年という節目をひとつの機縁として、与えられた座と私の終りがくるその日まで、お預かりしている座を粗末にしていないかと阿弥陀さんの教えに導かれながら、確かめ確かめ歩んでいきたいと思い、今月のことばを選びました。

 

自分の座忘れて 人の座につこうとするさけ むつかしなる

 

何かあればすぐ忘れてしまうのでしょうが、しっかり噛みしめていたいと思うことばです。