Archive for 4月, 2018

2018年4月/春季永代経のご案内

4月 3rd, 2018 Posted in コトバ, 法要案内 | no comment »

人は死んでも その人の影響は死なない
                マーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師

 

昨年から今年にかけて、多くの方とのお別れが続きました。つくづく自分は一人で生きているわけではなく、関係存在だという事を実感しています。

人がお一人お亡くなりになると、景色が少し変わるような気がしています。
その人のお家、お内仏、愛用品、共に過ごした場所。
どこを見ても、もうそこにはいらっしゃらないんです。

中陰壇がある間は、その変化に気付きにくいかもしれません。
しかし、中陰壇が無くなってからお参りに伺うと、特にその空気の変化を肌で感じます。

人が一人生まれるということ。
人が一人生きるということ。
人が一人日常生活からいなくなるということ。

春は出会いと別れの季節でもあります。
引越し、転勤、死別…別れにも色々あります。

縁の遠い近いはあるにせよ、誰しも影響しあって生きているんですね。
もしかしたら、人生のあらゆる出来事は、互いに影響を与えたり、与えられたりすること以外には何も無いのかもしれません。

そのように考えてはいても、実は日常生活の中ではそんなこと全く意識していません。

「俺は癌で死ぬんやない。生まれたから死ぬんや」
とは、ある先輩のご友人が遺された言葉です。

誰しも、生きているからには、生まれたからには別れを免れることはできません。
だからこそ後悔しない人生、後悔しない出会いと別れをと願っても、何故か後悔するようなことになってしまいます。

するとそのうち後悔してしまっても、以前にお聞きした言葉、共に過ごした時間を胸に抱いて生きることはできるのだと納得しようとし始めます。しかし、私の知識や経験で乗り越えようとする限り、また同じ失敗を繰り返し続けます。

やはり、私個人の視座によって形作られた、私の思いではなく、いつでも(時代や世代を超えて)、どこでも(国や地域を越えて)、誰でも(立場や性別を問わず)が頷いて来られた生死を超える教えこそが、目印のない人生における指針となりうる真実の「教え」なのだと思います。

間も無く春季永代経です。

共に仏法を聴聞し、人生のあらゆる局面において、その仏の教えをたよりとして、一緒に考えましょう。

4月22日(日)午前10時〜 と 午後2時〜 いずれも本堂にて勤まります。

ご法話は 長浜市高月町西野 充滿寺 西野 健太郎 師 です。

どなたでもお参りいただけます。

お念珠と肩衣(お持ちであれば)を持って、是非お参りください。