Archive for the コトバ Category

2019年8月

8月 20th, 2019 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

「これまでがこれからを決める」のではない。

「これからがこれまでを決める」のだ。藤代聰麿

 

関西では今月がお盆の季節です。

この時期に合わせて、東本願寺出版から「お盆」という小冊子が出ています。

その中で大谷大学助教の光川眞翔(みつかわまこと)さんが、金子大榮(かねこだいえい)氏の著書を引用して、次の様な文章を書いておられました。

 

「『死んでいく人は、なにか滅びざるものを残していく。親が死んでいくときには滅びないものを子供の胸へ残していく。そういうことがある。そういうところに亡き人を拝むというこころがあるのでありまして、みな置いていったものは不滅なるものである。(金子大榮著『大無量寿経総説』春秋社)』

 

亡き人は私の胸に〈滅びざるもの〉を残していく。どうしても胸から消えないものを置いていくのだという。この〈滅びざるもの〉は無形の形見として、私の生涯の中で活き続けていくものなのだろう。思い出も面影も、言葉にできない悲しみも、亡き人へ懐くものは形を持たない。しかし、それらは私を仏前にみちびき、手を合わさせる。胸に残されたものは合掌という形にかわっていく。」

 

私も多くの方をお見送りして参りました。

その誰もが何かしらを残してくださいました。

縁が近ければ近いほど影響は大きいものです。

 

それでも日常の慌ただしさの中で記憶が薄れるような事はあります。しかし、私の胸に残して逝かれたものは〈滅びざるもの〉です。

いくら年月が経とうとも、お盆やご法事など、あらゆるご縁で私を仏前に導き、問いかけてくださいます。

 

誰しも気が付いたら生まれていて、どこから来てどこに行くのかもわからず、どう生きるべきなのかもわからないけれど走らざるを得ないのが人生です。

 

そんな中、自分の思い通りになる人生がいい人生だと根拠無く思い込み、理想を求めて慌ただしく動き回り、知らず識らず歳をとり、思いに反して病になり、望まぬ死を迎えるのが私達です。

 

空過する人生とは、やる事もなく過ぎ去る人生というよりも、やる事が多く忙しい人生をいうのだそうです。

そんなお寺参りどころではない日常の中でも、一旦立ち止まってお念仏の教えに出遇い、生まれた意義と生きる喜びを見出して欲しいという先達の切なる願いがあらゆる仏事として、あるいは聞法の道場としてお寺が伝承されて来たのではないでしょうか。

 

「これからが これまでを 決める」のです。

30 日に1回でも、300 日に1回でも無意味ではないと思います。

まだの方はこれから。そうでない方はこれからも。

仏前でお念仏申し、共に教えに人生を確かめ合う生活を始めませんか。

2019年7月

7月 16th, 2019 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

仏説は仏弟子によって証される 安田理深

 

昨年あたりから別院で法座があると、時々教務所やご講師のお宅に無記名で投書が届いているようです。

内容は主に「勉強し直せ」「話す資格がない」「人選考えろ」等です。

無記名という事は後ろめたさがあるのでしょうか。

 

ただ、行動に移す事は稀ですが、似たような思いは誰でも抱くのかもしれないと思いました。

私も「この先生は聞きやすい」「この先生はお念仏のお話がなかった」と一喜一憂します。そして、自分にとって聞きやすい先生とそうでない先生を分けるのです。

 

もちろん、話す側の技術や経験など色んな要因もあるのでしょうが、それよりも自分の納得(思い)を中心にして聞いているのだと先輩に教わりました。

 

人生経験や聞法経験を重ねると、教えられる者から教える者へと勝手にのぼせ上がり、相手の話をきちんと受け止めて考えようとする前に裁く事があるように思うのです。

 

先日、友人が大学生の頃に「思枠(おもわく)」という言葉を先生に教えてもらったと聞かせてくれました。

私の思いという枠を通して物事を見ている以上、枠の中におさまらない物は全て否定するか、あるいは見落とし、聞きこぼしてしまうのでしょう。

 

つまり、教えも自分にとって心地良いその「枠」におさめて聞こうとするのです。

 

人生経験と同じく、仏法に触れた人間の問題は、自分の思いや経験に則って物事の真実を見出そうとしてしまうことにあるように思います。

それは、目の前の事実や相手の話から「教え」を聞き出せなくなるという問題を孕んでいます。そしてついには、抱いた違和感の方を確かだと信じ、対話することなく一方的に失望するのです。

 

藤場俊基師は「仏弟子であるという事は、自分自身の主観よりも仏の教えをより確かな物であると選び取るという事である」とおっしゃいます。

 

つまり私の思いに真実を見出そうとする姿勢は、自分の主観をより確かだと選ぶ姿勢であり、悲しい事に仏智疑惑そのものであると教えられます。

 

私の思いと合致する「教え」ではなく、私の悲しい有様を知らせてくださる「教え」なのです。

私の身の上に聞いていく事はあっても、誰かが教えとしていただかれた事を裁くような智慧を持ち合わせているわけではありません。

どこまでも共に聞き、共に語り合う事を通して、本当に願うべき事、歩むべき方向を教えられ続ける者でありたいと願います。

2019年6月

6月 1st, 2019 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

間違いのない集団は 間違いを認めない

 間違いのある集団の方がいいんだ 瓜生 崇

 

教区御遠忌にかかりきりになり、掲示板のことば(寺報)を2ヶ月間おやすみいたしました。大変失礼いたしました。

先代住職が還浄した今から13年前の2006年6月。あの頃はこの寺報のように「もう無理」とは言えず、本当にしんどかったです。
苗字が変わり、引越し、娘の進学、転職、葬儀、継職、他にもお世話になった方がお亡くなりになったり、お祝い事もあったりと、色んなことが一気に重なった1年でした。

短期間にガラリと環境や立場が変わり、悲しい事や嬉しい事が交互に訪れるような日々で、ついていくので必死でした。何とかしてこの状況が「普通」の事にならなければならないと思い、無理やり普通の日常を送ろうとしておりました。

あの頃の写真を見てみると、オンとオフでは表情が違い、遊園地で娘とジェットコースターに乗っている楽しいはずの表情も無表情でした。
当時、そんなつもりはありませんでしたが、実は私は潰れそうになるのを必死で堪えていました。何とかなりたい何とかしたいと思いつつ、何ともならない状況に苦しんでいました。

最近ふとした事から、当時心配する坊守から言われた言葉を思い出しました。

「あなた、最近何だか嫌な雰囲気のお坊さんになってきてない?大丈夫?」

私は間違いのない、ちゃんとした住職になろうと必死でした。
その理想というより虚像ともいうべき姿に近づく為に、私は虚飾に満ちた泣き言を言わない立派な僧侶を演じていたのです。
間違ったらすぐに謝罪・修正して二度と繰り返してはいけなかったのです。
そうして一生懸命に努力する事の正しさを信じて行動するうちに、多くの助言に耳を塞ぎ、間違いを認められず「ちゃんとした住職」を演じる事をやめられなくなって行ったのでしょう。

自分も苦しかったけれど、周りも苦しめていたとは知りませんでした。
そうと知らされ「もうそんなことはしない」と心に誓っても、今度はまた間違いなく「そんなことはしない人間」という虚像を真面目に追うのです。

教えや誰かの言葉に気付かされても、また同じ事を繰り返します。
間違いのない確かな人生を求めるということは、実は自らの不確かさに怯えている証拠です。
だから余計に自分の努力や苦労を正当化しながら、分別のある人間として自分や他人をその時の評価で裁いていくのです。

今月のこの言葉から気付かされるのは、13年間、相変わらず何を聞いても、お念仏申しても自力が廃らず阿弥陀さんにお任せする事もできない矛盾した、あの頃のままの私でありました。