Archive for the 法要案内 Category

2022年10月 / 報恩講・秋季永代経のご案内

10月 13th, 2022 Posted in コトバ, 徒爾綴, 法要案内 | no comment »

宗教の問題は煩悩でなく、

 分別から人間を解放することになる。 安田理深

 

この言葉には続きがあります。

「分別というものが人間の主体性を奪っている。煩悩が奪っていると、一応いえるけれども、さらに再応考えれば分別が奪っている。」

 

30代前半、自分がどうしていたらいいのかよくわからず、何だかもがいていたような時期がありました。

そんな時連れ合いに「あなた一生懸命誰かに合わせようと無理してない?」と周囲の「正解」に合わせようと必死だった自分の姿を言い当てられ、ハッとさせられたことがあります。

実は自分のことは自分が一番わかっているようで、一旦「こうした方がいい」という「分別」を掴むと、認知バイアスがかかり「それ」以外見えなくなります。

 

またある時は、大きな行事の決定事項が何度も何度も変更になって全く仕事が追い付かない中、それとは別にチームでやるような仕事を「なんとか一人でやってくれないか」という話になり、職場でも家でも常にパソコンと向き合い、永遠に終わらないんじゃないかと思う作業と向き合っていました。

 

そんな大変な時期にある日急に腰が痛くなり、徐々に身動きが取れなくなって、麻酔も効かず他の薬も効かず、10日間ほど安静にすることを余儀なくされたことがありました。

気質的な原因は不明でストレス性のものだったそうですが、実は「しなければいけない事に励んでいるだけ」のつもりでしたから、ストレスが原因だとはにわかに信じられませんでした。

 

「分別のある子」、「分別のある大人」という言葉があります。しかし頼りになるはずの分別によって逆に苦しんだり、知らず知らず自分や誰かを追い込んだりすることがあるのです。

 

それは自分で経験して獲得した「分別」のようで、実は何か過去の心地よくない記憶が底にあって、ある程度社会生活を快適に営むために大切な「正しさ」や「正しい大人・社会人」という、物事を分別・判断する「枠」を教えられ、自分や周囲を規定してきたに過ぎないのではないかと思うのです。

 

「枠」は「惑」に通じると教えられます。

 

迷いは「どうしたらいいのかわからない」状況ですが、惑いは「こうでないとあかん。こうなるはずや」というルールや答えに縛られた状況です。

 

自分の中の「分別」できる「枠(答え)」が増えるほど、そのことを除けて物事を考えることができなくなります。

行き詰まったり進路が狭まってしまう時、思えばいつも私の思いが道を閉ざしていたのでした。

そして悲しいことに、苦しんで手に入れた大切な「分別」は、時代や状況と共に変化し、いつか「過去の常識」に変わり果てることもよくある話です。

 

来月は報恩講です。日常の忙しさから一旦立ち止まって仏前に詣し、お念仏申し教えを聞き、共に判断に迷い分別に惑う、自分自身の眼を確かめたいと思います。是非ともお参りください。

 

報恩講

◎11月12日(土)

13時30分 逮夜

御俗姓 住職

ご法話 玄照寺 瓜生 崇 師 2席

18時 御初夜(お取越しは内勤めにします)

御伝鈔 住職

ご法話 玄照寺 瓜生 崇 師 1席

◎11月13日(日)

7時30分  晨朝

朝御講(御斎)今年は中止いたします。

10時    日中

ご法話 玄照寺 瓜生 崇 師 2席

秋季永代経

13時30分

住職挨拶

以 上

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について

3月 28th, 2020 Posted in お知らせ, 法要案内, 聞法会 | no comment »

謹啓 仲春の候 皆様におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申しあげます。
平素は慶運山長源寺護持運営に対し格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

さて、かねてより2020年4月4日、5日に予定しておりました「慶運山長源寺 蓮如上人500回御遠忌法要並びに宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要」は、先日開催されました臨時役員会におきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、来年(2021年)4月10日、11日に延期する事を決定いたしました。

ご予定くださっていた皆様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんが、ご理解の程何卒よろしくお願い申しあげます。

また「同朋学習会」と「寺ヨガ」は開催者側も参加者側もお互いに体調に充分注意しながら、また可能な限りリンク先のガイドラインを参考にしながら開催いたします。合掌

新型コロナウィルス感染症拡大防止に配慮した法座開催のガイドライン

2019年12月 / 修正会のご案内

12月 12th, 2019 Posted in 徒爾綴, 法要案内 | no comment »

人は何かになってたすかるのでは無い

  自分自身に戻ってたすかるのだ   高橋法信

 

別院の「しんらん講座」で高橋法信さんがおっしゃったことばです。

この言葉を聞いた時、私が滋賀県長浜市に来て間も無い頃にかけていただいた言葉を思い出しました。

 

「ごえんさんも他所から来て、色々大変やな。でもな、坊守さんはもっと大変なんやで」

「ごえんさんは男やから女の気持ちはわからんで」

 

当時私は苗字も住所も職場も立場も変わり、早くこの生活に慣れなければならない、早く「住職」にならなければと焦り、苦悩していました。

しかし、思えば坊守はもっと苦しかったはずです。

なぜなら、私にはお寺で育った幼少期の経験があるからです。

ですので、正しいかどうかは別として、おそらく無意識の内にイメージできる僧侶像や坊守像があったと思います。

しかし、坊守は身近に縁のあるお寺があったわけでもなく、またお寺で育った訳でもない中、ある日を境に「坊守さん」なのです。

 

「私、どうしていたらいいのかわからない」と言う彼女に「こうしていればいいと思うよ」なんて自分の思う答えを彼女に語っても全て上滑りしてしまいました。

 

自分がどうしていたらいいのかわからないと言う事は、居場所がわからないと言う事です。

あの頃の苦しみは、家にいても誰といても孤独で、自分が自分でいてはいけないような不安だったのです。

つまり、彼女が理想的な何かになる事が彼女のすくいではなかったという事です。

 

何もしてあげられない無力さに、私自身も苦しかった事をよく覚えています。

何もできないと知り、最後に言えた一言は「ごめん、僕にもわからん。一緒に聞法しよう」でした。

 

「坊守さんはもっと大変なんやで」

「男やから女の気持ちはわからんで」

この言葉をいただいていなかったら、「わからん」という事すらわからなかったのです。

 

無明とは確信の感覚であると教えられます。

「わかっている」と思い込む事で、その問題は自分の中では解決できるものとして扱われます。

その事がどれほど身近な方を傷つけ、悲しませていたとしても。

無自覚とは恐ろしいものです。

自身の無明の闇を知らされなければ、自分も人も苦しめる悲しい生き方をしてしまうのです。

周囲の人や教えに気付かされる度に私は自分自身に立ち返り、漸く身近な方と向き合う用意が整うのだと思います。

 

それでも日常の慌ただしさの中で、人生を思い通りにしたくて、自分も人も変えようと足元を見失私うです。

そんな私だからこそ、気付かせ続けてくださる方々(僧伽・諸仏)と共にお念仏申し、呼びかけ続けてくださる阿弥陀様の教え(法)に導かれて歩む道こそが、人間として生きる上で唯一無二の道なのだと感じています。

 

まもなく修正会がお勤まりになります。

新年にあたり、あらためて仏前から始まる生活を確認させていただきたいと思います。

 

2020(令和2)年 1月1日 午前9時より

本堂にて一緒に正信偈をお勤めさせていただきます。

どなた様もお誘いあわせの上、お参り下さいますようご案内申し上げます。

釋 卓靜