Archive for the 法要案内 Category

平成31(2019)年 修正会

12月 31st, 2018 Posted in 法要案内 | no comment »

平成31年 1月1日 午前9時より

本堂にて一緒に正信偈をお勤めさせていただきます。

どなた様もお誘いあわせの上、お参り下さいますようご案内申し上げます。

釋 卓靜

2018年10月 / 報恩講・秋季永代経のご案内

10月 22nd, 2018 Posted in コトバ, 徒爾綴, 法要案内 | no comment »

人生には 三つの坂がある のぼり坂 くだり坂 そして まさか

 

急性腰痛症になりました。

初期症状は軽い違和感を覚える程度で、だんだんと車の乗降が辛くなり、次第に何をしていても鈍痛が出るようになりました。

整体、整形外科、内科も受診しましたが原因不明。

心因性、つまりストレスじゃないかとか言われることもあり、対処に困っておりました。

ついには安静にしても堪え難い激痛が走り救急車を呼んでほしいとも思いましたが、何とか歯を食いしばりながら最寄りの病院まで送ってもらいました。

しかしやはり、触診・尿検査・採血でも原因不明。

1番強い鎮痛剤を投与していただいても完全に痛みが取れる事はありませんでした。

しかし翌日、痛みが少し和らいできた事もあり大きな病院での診察でレントゲン撮影もしましたが、原因不明。

さらに数日後MRIの撮影をしましたら、ようやくヘルニアであったと判明しました。

 

思いもよらない形であらゆる予定をキャンセルする事になり、多くの方にご迷惑やご心配をおかけする事になってしまいました。

そんな自分では何もできない、お願いしてお任せする以外ない状態になり、色々と考えさせられました。

 

安田理深氏は、「忙しいということは、怠けている証拠だ」とおっしゃいます。

 

これから年末までは、お寺でもご門徒宅でも法要が多い時節です。

この時期は一番体調管理に気を使います。しかし、その忙しさの中で立ち止まって色んな事ときちんと向き合う時間まで無くしてしまっていたのかもしれません。

 

「なくす」は漢字で書くと無くすとか亡くすとかがあります。

無くすは物を失えるですが、亡くすは人や動物の命がなくなる様子を表現しています。

 

忙しいのは心を亡くすと書くと言われますが、実は亡くしているのは私自身なのかも知れません。

 

私を亡くした状態とは、「これでよし」「私は間違っていない」と我を忘れた状態であり、欠点や迷いを忘れた姿です。

そういう時は、頑張っている自分や人の粗ばかりが見えるのです。

 

そんな時は道を教えてやるとは思っても、自分が道を知らされなければならない存在だとは考えません。

つまり、その人生に求道はないのでしょう。

 

「空過」する人生とは、怠けている感覚ではないと教えてもらいました。

「忙しい」と気忙しく予定に追われ、今は他の事を考える余裕もない状態で、そんな日常を過ごし続け、最終的に大切な事を何も知らず、あらゆるものを手放してから「わしの人生は何やったんやろか」と愕然とする姿を言うのだそうです。

つまり、後から空過した事に気が付くのですね。

もし気忙しさを感じているのなら、今まさに空過しているのかもしれません。

 

この度、日常の気忙しさから無理矢理にでも離された事で「まさか自分が」と思った私は、忙しいと言いつつ大切な事と向き合う時間を疎かにしてきた、怠っていたのだと教えられます。

 

ご法事やご法要というのは掃除から荘厳、あらゆる依頼や案内まで何かと支度が大変です。しかもその時間(勤行・聞法)は日頃とは時間の流れが違います。

忙しい中でも手を止めて、足を止めて教えに我が身を知らされる、追われる日常(自分の都合)から一旦離れてみる、とても大切な時間であると言えるのではないかと思います。

来月11月10日(土)、11日(日)は報恩講です。

共にお念仏申し、それぞれの立場で教えを聴聞し、自分自身を回復する時間を共有しましょう。

 

報恩講

◎11月10日(土)

13時30分 逮夜

御俗姓 大阪 光照寺 日野廣宣 師

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 2席

18時   初夜兼お内仏御取越し

御伝鈔 住職

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 1席

◎11月12日(日)

7時    晨朝

朝御講(御斎をみんなでいただきます)

10時    結願日中

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 1席

 

秋季永代経

13時30分

ご法話 大阪 法泉寺 永井貴宗 師 1席

以 上

 

2018年4月/春季永代経のご案内

4月 3rd, 2018 Posted in コトバ, 徒爾綴, 法要案内 | no comment »

人は死んでも その人の影響は死なない
                マーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師

 

昨年から今年にかけて、多くの方とのお別れが続きました。つくづく自分は一人で生きているわけではなく、関係存在だという事を実感しています。

人がお一人お亡くなりになると、景色が少し変わるような気がしています。
その人のお家、お内仏、愛用品、共に過ごした場所。
どこを見ても、もうそこにはいらっしゃらないんです。

中陰壇がある間は、その変化に気付きにくいかもしれません。
しかし、中陰壇が無くなってからお参りに伺うと、特にその空気の変化を肌で感じます。

人が一人生まれるということ。
人が一人生きるということ。
人が一人日常生活からいなくなるということ。

春は出会いと別れの季節でもあります。
引越し、転勤、死別…別れにも色々あります。

縁の遠い近いはあるにせよ、誰しも影響しあって生きているんですね。
もしかしたら、人生のあらゆる出来事は、互いに影響を与えたり、与えられたりすること以外には何も無いのかもしれません。

そのように考えてはいても、実は日常生活の中ではそんなこと全く意識していません。

「俺は癌で死ぬんやない。生まれたから死ぬんや」
とは、ある先輩のご友人が遺された言葉です。

誰しも、生きているからには、生まれたからには別れを免れることはできません。
だからこそ後悔しない人生、後悔しない出会いと別れをと願っても、何故か後悔するようなことになってしまいます。

するとそのうち後悔してしまっても、以前にお聞きした言葉、共に過ごした時間を胸に抱いて生きることはできるのだと納得しようとし始めます。しかし、私の知識や経験で乗り越えようとする限り、また同じ失敗を繰り返し続けます。

やはり、私個人の視座によって形作られた、私の思いではなく、いつでも(時代や世代を超えて)、どこでも(国や地域を越えて)、誰でも(立場や性別を問わず)が頷いて来られた生死を超える教えこそが、目印のない人生における指針となりうる真実の「教え」なのだと思います。

間も無く春季永代経です。

共に仏法を聴聞し、人生のあらゆる局面において、その仏の教えをたよりとして、一緒に考えましょう。

4月22日(日)午前10時〜 と 午後2時〜 いずれも本堂にて勤まります。

ご法話は 長浜市高月町西野 充滿寺 西野 健太郎 師 です。

どなたでもお参りいただけます。

お念珠と肩衣(お持ちであれば)を持って、是非お参りください。