Archive for 5月, 2014

2014年5月

5月 15th, 2014 Posted in コトバ | no comment »

   「みんな」になるな「一人」になれ

玉光順正     

 

いつだったか、玉光さんに『お寺の掲示板に“「みんな」になるな「一人」になれ”と書いておきなさい』と言われたことをふと思い出しました。

 

掲示させていただくわけですから、玉光さんの意図に沿うかどうかわかりませんが、ちょっと考えてみました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「みんな」とはいいことだと教えられてきたような気がする。

そして「みんな」になれない人が「一人」なのだ、なんて思うことがある。

そのくせ、「一人」を楽しんでいる人は、どことなくカッコよく見えたりもする。

 

誰も主体的に「みんな」ではない。そう、主体が無いから「みんな」なのだ。

でも「みんな」は「一人」が集まればそれで「みんな」なんだと思っていた。

 

本当の「みんな」の正体は「みんな」の中に放り込まれた「一人」なのだ。

 

だから、誰も本当の意味での「みんな」を知らない。

知らないから、誰も自分からは「みんな」になれない。

「みんな」とは「世間」であり、「組織」であると言ってもいい。

 

私には「みんな」とは違う「一人」であると主張するところがある。

でも、私は「みんな」になろうともする。

「みんな」は「空気」とか「常識」とかと呼ばれる枠組みを有している。

私は「みんな」の枠組みから漏れないかと不安を抱え、苦しむ。

 

私は「みんな」の中にいる「一人」であり、「みんな」からの評価が気にかかる。

 

得体の知れない「みんな」

評価なんか分からない。でも、不安だから自分で想定する。

これが「みんな」ということなのだろうか、と。

 

想定した「みんな」の「空気」に確かさを感じると、その答えを手放せない。

自由な思考や生き方と引き換えに「こういうものだ」と決めて安心したいのだ。

 

ひとたび安心すると、想定した「みんな」の「空気」と異なる存在は嫌がる。

「みんな」という、曖昧だが確かに感じる「枠」に収まらないモノは異物として排除する。

―――それが昨日までの友人、同僚であっても。時には家族までも。

 

その基準は、私という「一人」の想定する「みんな」である。

時には別の「一人」と似通う部分があることもあるだろう。

でも、本当は誰ひとりとして完全に一致することはないのだ。

 

それでも、「みんな」に染まろうと死ぬまで努力する。似通う「一人」たちと「みんな」を作ろうとする。

時には、私以外の「一人」を私の想定する「みんな」に無理やり染めようする。

 

それは、得体の知れない「みんな」や「世間」に完全に支配されてしまった姿だ。

そうして「みんな」を主(あるじ)とする。

 

得体の知れない主(あるじ)の為に、「一人」の心の叫び声に耳をふさぎ続ける。

そして、気ぜわしくはからい続ける、終わることのない歩みがはじまる。

なぜなら、「みんな」は気まぐれだからだ。曖昧な「空気」ひとつで見事に変わる。

 

ついには「一人」が「みんな」の為に、モノのように扱われるようになる。

私は「みんな」に支配され、私は「みんな」に裁かれる。

「みんな」に従わない「一人」のことも裁き続ける。

「みんな」を主(あるじ)とすると、正しさは暴走する。

―――想定外の事故が起きるまでは。

 

本当は「みんな」がわからない。でも、わからないところに眼を閉ざす。

「こういうものだ」と分かったことにする。そうしないと不安なのだ。

 

私は「みんな」の評価がこわい。「みんな」から漏れ、孤立することに怯える。

存在が生き残るために、お互いにけん制し、正しさを主張する。

存在が護られるために、お互いに探り合い、正しさを確認し続ける。

 

本当には誰も何も信頼していないのだ。

そんな私の「いのちの存在を軽んじる生き方」が「もっと」「ちゃんと」と私自身を駆り立てる。

「みんな」を主(あるじ)とし、「一人」を閉ざすとき、私のいのちも「みんな」よりも軽くなる。

私は私という「一人」なのか、それとも「みんな」の為の私なのかわからなくなる。

そして、私の心は支配され、暗く、生きづらい世の中を作りだしていく。

 

まさに「火の車 作る大工はあらねども 己が作りて 己が乗りゆく」

そんな人生は悲しすぎる。求め、目指す方向が違うのではないか。

 

今一度、「一人」にかえろう。身勝手にふるまうという意味ではなく。

 

和を以て貴しと為すことは美しい。

でも、それは「同じ」が貴いのではではない。「共に」が貴いのである。

ばらばらでいっしょである。

 

今一度、「一人」と「一人」にかえろう。

 

自分の価値観、世間を、「みんな」を絶対化し、はからい続ける私だけれど、お浄土の教えによって、すべての物事が相対化される世界を生きよう。

 

それはまた、人間として本当の意味で自立することに繋がる。

無理に考え方を変えたり、自分に嘘をついたりしなくてもよくなる。

自分の人生に責任をもって、自らが考えて生きていくことになる。

 

その歩みは私の人生を私「一人」が大切に歩む第一歩になり、「みんな」と共に生きる第一歩になるに違いない。

 

はからい已(や)まぬ私だけれども

「なんまんだぶつ」と、はからえない「いのち」の世界に還ろう。

 

南無阿弥陀仏

 

釋卓靜