Archive for 2月, 2015

2015年2月

2月 18th, 2015 Posted in コトバ | no comment »

世間法は欲が支配し、出世間法は欲を支配する

赤沼 智善

二月と言えば、節分というのが世間の風習でしょう。

多くのご家庭で「豆まき・いわし・恵方巻き」など節分をイメージする催しが行われるのではないでしょうか。

 

クリスマスのように宗教的行事が、多くの方の意識の中で、ある種「イベント」化した姿だといえるでしょう。

豆まきなんて、きゃあきゃあ言って楽しかったですから。

 

しかし楽しいとはいえ、やっている内容は「鬼は外・福は内」。

 

そもそも追い出しているところの鬼ってなんでしょうか。

はたまた呼び込みたい福ってなんでしょうか。

 

誰でもが「福」という、歴然たる「福」とは存在しうるのでしょうか。

あるいは「鬼」と言っているそれは、誰にとっても「鬼」でしょうか。

 

よくわからないのに、人でもモノでも何にでも私たちは福と鬼とを決めています。

 

家族や回りの方々からすれば、私は福でしょうか。鬼でしょうか。

 

もし、人によって違うのなら、状況によって変わるのなら、それは単なる見た人の「都合」でしょう。

 

鬼は外、福は内。

都合の良い福。都合の悪い鬼。

 

その正体は私の「思い通りにしたい」欲でしかないのかもしれません。

その私の欲のメガネで見た世の中を世間というのかもしれません。

 

もしそうならば、善くも悪くも世間は私です。

つまり理性的であるつもりの私は、実は欲の支配下にいます。

だから世間は都合と都合がぶつかり合うのでしょう。

 

そんな私は世間法に生きています。

このまま終わる人生であるならば、暗く空しい。

その空しさを隠すために、明るくふるまう。立派にふるまう。

それでも、やはり虚しい。

中身とは違うし、何も残らない。

 

出世間法に導かれながら、本当の明るさに出遇っていく他ないようです。