2021年9月

9月 15th, 2021 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

行き詰まるのは、自我の思いだけである。清沢満之

 

「ここ(の町)にきて後悔してへんか心配なんや」

ある門徒さんに言われた言葉です。

 

大阪で就職したばかりの頃は、教えを語る事もなければ、法要儀式も全くわかっておらず、色んな人に尋ね回り、まとめるような事を7年程繰り返していました。

そんな中ご縁があってこちらに入寺した15年程前、本山の某部署に来ないかとのお誘いを受けたことがあります。

 

しかし当時は長浜に転居したばかりで、長浜別院に就職したばかりという状況でもありました。それでも「行きたい」という気持ちと「入寺したばかりで、門徒さんやお寺と離れてもいいのか」という思いで大変迷いました。

 

困った挙句、役員会で「行きたいという事」「帰ってくるのは定年後になるという事」などわかる範囲の事を全て話して相談しましたが、「ごえんさん。臨時の門徒総会開くまでもないわ。行かんといてくれ」との結論でした。

 

私も家族と腹を括って入寺したように、ご門徒さんも腹を括ってお迎えくださったに違いありません。この結論は尊重しないといけないと考え、こちらに残ることにしました。

 

それでも当時はその決断に揺れました。

何回も何回も思い起こしては振り払い、思い起こしては自分に言い聞かせていました。

 

同じ頃、今までなかった「月参り」を始めてくださいました。
一軒一軒お参りに伺ううちに、お一人おひとりの顔が見え、色んなお話をするようになり、だんだんとこの場で自分のしなければならない事は何か、できる事は何かと考えさせられ、それがしたい事になって行ったのです。

 

冒頭の言葉は、当時を振り返り「門徒全体のために、ごえんさんの人生を振り回した」という思いが背景にあったのだそうです。

 

しかし縁あって人が出会えば、良い悪いではなく、必ず影響を受けます。
それは都合次第で振り回されているとも、お育ていただいているともどちらにも取れるのです。
相手だけでなく、受け取り手の問題でもあります。
私にもここに来なければ出会えなかった、あるいは悩まなかったであろう人間関係や物事があります。
でも、ここに来なければ今の私はなく、来なかった私などいないのです。

 

海外や国内各地で生活してきましたが、都合で見れば何とでも印象の変わる人間関係や物事は、所詮自分勝手にその時の価値感で一喜一憂しているに過ぎないのだと思います。

 

色々ありますが、いつでも私のいる場所が私の生きる現場です。
ご門徒の皆さんが真剣に関わってくださって、共に悩み喜んでくださる事で、これまで継続して来られた事に感謝しています。
これからもお念仏の教えを頼りに、この念仏道場で一緒に歩んでまいりたいと考えています。

2021年8月

8月 27th, 2021 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

私がなぜか不安なのは、頼むものが無いからではなく、

頼むものをしっかりと握っているからだ。和田稠

 

思えば「頼むもの」を集めようと頑張ってばかりだったのではないかと思います。

 

ボクシングをしていた頃は「強さ」「巧さ」「勝利」こそが「頼りになる」と思い、一生懸命それらを求めて努力していました。

試合に勝つと一時は安心するのですが、次の試合が決まるとまた不安になって練習するのです。

 

今の私は「健康を頼り」にしています。

仕事ができなくなるのは不安ですからね。

「元気で長生き」とか「健康寿命が大事」とかCMで流れてきます。ドキュメンタリー番組かと思ったら、健康食品のCMなんていうのがよくあります。流行ってるみたいですね。

 

グラフィックデザインの仕事を始めたのも生活のため、娘を大学に行かせてあげたいと思い「収入を頼り」にしているのです。そのためには頑張って営業もするし、勉強もします。

 

そして「家族も頼り」にしています。

家族が協力してくれているので、なんとか生活できているし、何より頑張る原動力になっています。だから家族に何かあると不安になるのです。

 

そんな風に、みんな頼りにしているものはたくさんありますが、全て「いつか離れなければならない」という共通点があります。ずっと変わらないものが無いんです。悲しいけれど。

 

「これは大事」「これは頼りになる」と思ったものを気力も体力も時間も何もかもかけて、一生懸命努力して身の回りに集めて守ろうとするのですが、全て必ず別れなければなりません。

そしてその「頼むもの」との別れは、自分の方が娑婆の縁尽きるという別れ方もあるのです。

日頃はその事も忘れて、いつまでも生きるつもりで人生の不安を必死で無くそうとしている私の姿を、仏教では「迷っている」と表現されます。

 

お念仏申し、教えを聞いて迷いから覚めるのならいいのですが、実は私の迷いは想像以上に深く、教えを聞いて「なるほど」と頷いたら、次はその「納得を頼り」に安心しようとします。
そしてさらに「自分の納得に合う言葉」を頼りにするあまり、違和感を覚えた言葉は受け入れ難く、聞きたくなくなります。
不安を無くし頼りになりそうなものを集めるためには、お念仏の教えをも「頼むもの」にしたり、しなかったり自分の感覚でどうにでもするのです。

 

それは何をやっても、不安定な自分の感覚を一歩も出ていない姿です。
残念ながら、自分の思いを出発点にしたものは一貫して頼りにはならないのです。
変わらぬお念仏の教えを何度も何度も聞かせていただき、不安定な自分を知らされながら一歩一歩歩むように生きる道が、頼りなくとも、確かな道として開かれているように思います。

2021年7月

7月 22nd, 2021 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

経教はこれを喩うるに鏡の如し

しばしば読み しばしば尋ぬれば 智慧を開発す 善導大師

 

この鏡は毎朝見る鏡とは違い、自分の内面、つまり表立って見えない姿を知らせる鏡として教えられます。

 

この寺報を始めるにあたり、多くの方からご助言を賜りました。役員さん方からは「毎月やなくてええ、無理せんでええよ」とお気遣いいただき、本当は不定期発行という事にしています。

また、ある先輩住職からは「自分のこと書きや」そして「続けなあかんで」と教えられました。

 

寺報を書くとなると、いつも「何を書こうか」と考え続ける事は避けられません。ご法話の聞き方も、それこそ「ネタ探し」のようになってしまいます。

ただ所謂「ネタ」と違うところは先輩の言葉通り、他人事ではなく「自分はどうか」にこだわります。

 

そうすると、いざ聞いた教えを活字にしようとすると、どうしても聖職などと呼ぶには程遠い情けない自分しか出てこないのです。

「自分もそうだよ」と共感してくださる方もありますが、「僕は反省してますってか」と茶化された事もあります。

でも「自分はどうか」と教えに聞くと、自分でも見えていない、仏様や教えに背を向けるような、どうしようもない自分と向き合わされるのです。

 

解学と行学という言葉があります。

 

解学とは文字通り勉強して理解する学びを指します。行学はそれを我が身に行ずる事です。

これは仏教に限らず、何事においても大切なことだと思います。

できるできないに関わらず、理解しようと学んだり、その身に行じようとしないと見えてこないことがあるのだと思います。

 

近年、教えや儀式が伝わりにくくなったと言われます。

確かにお念仏や、その教えにしても儀式にしても「わかる・わからない」とか「できる・できない」とかと自分の理解力や能力をたよりにするとなかなか伝わらないのかもしれません。

学び、理解する事も大切ですが、やはり先ずは行ずる事を疎かにしてはいけないのでしょう。

 

よく仏法聴聞と儀式は車両の両輪に喩えられ、どちらも大切だと教えられます。

でも、それは行ずる身において感じ、語られたのであって、概念として語られた言葉ではないのだと思います。

 

思えば先輩の「自分のこと書きや」は「経教は鏡の如し」、そして「続けなあかんで」は「しばしば読みしばしば尋ねる」であって、「あなた自身を教えに聞き続けなさいよ」という事を仰ったのではないかと振り返っています。

 

「わかる・わからない」「できる・できない」と今の自分だけを基準にして選ぶことなく、すでにあるこの道をたよりに、それぞれの人生でお念仏申し、自ら教えを聞き儀式を執行し、考え続けて生きる事が、先達から伝えられた「経教に尋ね」ていくことになるのではないかと考えています。