2021年5月

5月 21st, 2021 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

赤表紙と新聞の間に身をおく 安田理深

 

明治から昭和にかけて活躍された、曽我量深(1875-1971)という先生と、安田理深(1900-1982)という先生がおられます。

「今月のことば」は、安田理深氏が「赤表紙と新聞の間に生きられた」と曽我量深氏の生き様を表現されたのが元の言葉なのだそうです。

 

赤表紙とは真宗聖典(お聖教・仏法)を、新聞とは世間(社会)を象徴しておられます。

それは、教えを通して身の回りの問題を考えたり、あるいは人生の諸問題への自身の判断の根拠を教えに確かめていく生活をいうのでしょう。

私はこの言葉で「身をおく」のが「赤表紙」とも「新聞」ともいわず、その「に身をおく」とおっしゃる所にとても深い意味があるように感じました。

 

例えば仏法を聴聞する時には、その深い意味や願いを理解しようとか、納得したいと思って聴聞します。
ところが「なるほど」と納得した途端に「赤表紙」の側に身をおこうとしたり、そうでなければ「仏法では娑婆はやっていけない」とか「お寺参りどころではない」とかと「新聞」の側に身をおこうとしたりする事があります。

とは言え、実際に今身がある場所は世間(新聞)なのであって、事実ここ以外にはないのです。

 

では「世の中そんなもんや」と居直って、流転する世間に納得したり諦めたりしながら一生を終えるのがいいのでしょうか。

それとも仏法(赤表紙)を聞き自分で納得できるところを掴み、流転する世間を傍目に、その納得した世界観だけに生きる事がいいのでしょうか。

 

私は「間に身をおく」とは「こういうもんや」と居直ったり、自分の納得した答えに居座る事ではないのだと思います。

 

「赤表紙(仏法)」とは、私と同じく生老病死に苦悩した多くの先達が、お釈迦様のお言葉をたよりに生き抜かれた中で見出された事であり、それを後世の私たちに言葉にしてまで伝えてくださった普遍的な「真理」をいうのでしょう。

また、それに対して「新聞」とは、次々に様々な出来事が起こり、時代や状況によって物差し(判断基準)が変化し続ける私を含む世間全体をいうのだと思います。

生きている以上、私達は世間を離れる事はできません。しかし、その中で変化し続ける物差しを、仏様の物差し(お念仏の教え)に問い、考え続けようとする生き方を「間に身をおく」と表現されたのだと思います。

 

2021年4月

4月 3rd, 2021 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

我々を存在せしめている根元の力を忘れて

自分の力で生きてきたと威張っているのを罪悪深重という

 

先月1周忌をお迎えになったあるご門徒さんの一言から気付かされた事があります。

昨年初めに入院された際、お見舞いしてもいいのかと躊躇う私は、人づてに「会いたいそうだ」と聞き、病室を訪れました。

体調の事、一日の過ごし方、心境の変化、色んなお話をしてくださいました。

その際「今になって色々わかってきた事があるわ」と気恥ずかしそうに仰ったのですが、私は安易に共感する事もできず静かに相槌を打つに留め、それ以来ずっと胸に引っかかっていました。

 

先月、別院の彼岸会で笠原俊典さん(持專寺住職・チャプレン)が、宗祖の仰る「悪人」について「傲慢さ」と言えると表現してくださいました。

例えに出されたのは「安楽死(尊厳死)」です。

賛否が分かれるところですが、認めるには善意で前向きに生命を奪う法制度を整えなければなりません。

私もこの事を真剣に考えると「命を自由にしてはいけない」という思いと「目の前苦しむ方に何もできないのか」という思いの間で悩みます。

しかし笠原氏は、その思想は相模原殺傷事件の犯人の思想と通底するのだと指摘されます。

確かに身体に不自由さがあるとか、精神的に安定しないとか、病に苦しむ事は大変な事かもしれませんが、それは人の命を左右してもいい理由になるのでしょうか。

 

自然に「何もできないのか」と悩むのもそのはず。

私たちは幼い頃から「できる事」「得る事」こそが人生であって、それが幸せの尺度であるかのように生きてきたのです。

得る事、できる事は楽しく、幸せに感じる事であるには違いないでしょう。しかし、できる事、経験した事など「持ち物」が増える事で、却って見えなくなってきたものはないでしょうか。

できる事、得意な事、苦労などを経験し得ていく過程の中で「傲慢さ」という贅肉がつき、その全てを手柄にして握りしめ、いつの間にかその価値観で全てを裁き、我が思いに囚われ世間に不満を抱き、却って不自由になるのです。

 

逆に失っていく、できなくなっていく中で、賜っていたもの、していただいてきたもの、いてくださった人に改めて気付き、本当の「豊かさ」や「慈愛」に出遇い直していくという事、この事を「今になって色々わかってきた」と表現されたのではないか、と今は受け止めさせていただきつつ自分ならどうかと考え続けています。

 

もしかしたら、大切な方との別れをご縁に営むご法事、あるいはお寺での聞法会などの仏事は、「傲慢さ」という不自由な贅肉を知らされ、知らず知らずの内に見失っているものに目や心を向けて、日頃抱いている「不満の正体」と向き合う時間だと言えるのかもしれませんね。

2021年3月

3月 21st, 2021 Posted in コトバ, 徒爾綴 | no comment »

悟るといふても 迷ふていることを 悟るのである

                   安田理深

3.11あの日から10年です。当時の「空気感」を今も覚えています。

実は国内での大きな震災は初めての経験で、阪神淡路大震災当時はアメリカのコロラド州に住んでいて、学校にいく前に読んだ新聞で知りました。
公衆電話にはこんなに日本人がいたのかと思うほどの列ができ、混線のため他の国に電話がかかってしまい3度目で日本に繋がり、ようやく地元や親族の安否を確認しました。
ただ、その後は画面の中(海外)の話で、身の回りはすぐ日常に戻ってしまっていました。

そして2011年3月11日。
私は翌日に永代経を控え、役員さんと準備をしていました。
作業がひと段落して休憩している時、疲れがたまっているのかと錯覚するようなおかしな揺れを体感し、その直後ゆっくりと揺れる輪灯(仏具)を見てようやく地震があったのだと気がついたのです。

報道を見て、何をどうすべきなのか戸惑う中「ごえんさんのくせに何も発信しないのか」と注意されるなど、何かしら行動を起こさない人間は「ダメ」だというような経験した事のない「空気」に、日に日に覆われて行ったような気がします。

私は支援物資を送る窓口になったり、web上で支援のリンクをはったり、支援金を募ったりしましたが、いつの間にか「被災地には行けていない自分」に不甲斐なさを感じるようになっていました。

また各地で「支援のあり方」で対立する人がいた事も不思議でした。その全てに違和感を覚えつつ声に出す事はないまま随分経った時、先輩からいただいた本の中に次のような一文を見つけ、その違和感と向き合う事ができました。

 

『「念仏者の社会実践とは何か」という僕の疑問に対する安田先生の「聞法です」というお言葉です。

今、社会問題について色々言われます。差別問題、原発問題、環境問題、靖国神社問題、競争社会の問題など色々言われていますが、そんなのは形の話であって、要は聞法です。聞法しているかしていないかというだけの話です。

そういう問題に関わるかどうかという事は、ご縁です。因縁の問題です。

誰しもが関われるわけではない。関わりたいけれども関われないという事もある。

関わりたくないと思っても、関わらざるをえないという事もある。それは因縁の問題です。

そういう問題に関して運動することに社会実践の本質があるわけではありません。運動しようがしよまいが聞法です。』 

   『歎異抄講述・聞書』鶴田義光著

 

支援活動はできる限りした方がいいと思います。
でも誰かの助けになりたいと願いながらも、支援にまで優劣や条件をつけ、人と人とが寄り添い合えない。
そんな矛盾したものが私たちの「正しさ」や「優しさ」の正体なのでしょうか。

信心とは信(まこと)の心と書きます。対して私の心は「日頃のこころ」と教えられます。

聞法して仏様の「信心(まことのこころ)」を賜り、分け隔てない正しさや優しさを保てない私の「日頃のこころ」確かめ続ける。その歩みを忘れてしまった時、私は真っ直ぐに自分の行為や考えの「正しさ」を握りしめ、正義の境界線で人や物事を分断し、その「偏り」に気付く事すら難しくなるのでしょう。