2017年4月

4月 9th, 2017 Posted in コトバ | no comment »

「学仏大悲心」の「学」とは、

 長年に亘ってしみこんだ常識をもって

 み教えを理解しようとしないことです。清岡隆文

 

最近は何でもデータ化して安心する傾向があるように感じます。

 

そこに活字であったり、動画像などの可視化された記録があると、安心するんですよね。

 

保存できる事は良いことだと思いますが、安心するとそれ以上考えようとしなくなります。

 

またさらに、そこで見落とされるのがリテラシーの問題だと思います。
自分が見聞きしたものを100%正確に受け止めることができると錯覚するんです。

 

解ったと感じた事や手元に置いたものは、それだけで安心して考えることをやめてしまいます。

 

御経もそうではないかと思います。釈尊のお言葉を文字にされたものですが、意味はわからなくてもそのままになってはいないでしょうか。
いつでも聞ける、大丈夫だと思うことの落とし穴です。

 

声明儀式やご法話という形で何とか伝承されてきてはいるものの、釈尊や宗祖ご在世の時の、声の響きや雰囲気を通して感じられたであろう含意を受け止めることが容易でなくなったんです。

 

もちろん、その当時であっても正確に受け止めることができたかといえば、疑問が残ります。

 

それでも、それぞれの人生において「これは大事だ」と受け止めた方々が居てくださったおかげで、私にまで届いたという事実があるわけです。

 

幼い頃から身近にご本尊があり、お内仏があり、仏法を語り、念仏申す人がおられたのにもかかわらず、自ら聴聞したいと思うまでに30年近くかかった私です。

しかも、その環境に居ても、その願いや意味をキチンと受け止める事が出来ていなかった私です。

 

そんな私が、教えや情報をキチンと受け止めることができているかといえば、それは怪しいのです。

 

それでも自分が間違いないつもり、確かなつもりで生活しています。

 

しかし仏法を通して、実は非常に不確かな存在であったと再確認させていただくたびに、まるで影が光を際立たせるように真実(まこと)の存在を感じます。

 

人は聞きたいように聞き、読みたいように読み、感じたいように感じます。

 

学仏大悲心(仏教を学ぶ・仏の大悲心を学ぶ)の学とは、本当に確かなものに出遇うことで、私の強い思い込みが転じる事にあるように思います。

春です。寺ヨガ再開します!

3月 20th, 2017 Posted in 寺ヨガ | no comment »

暑さ寒さも彼岸まで。

暖かくなってきましたね。

そろそろ「寺ヨガ」を再開いたします。

第1回目は4月10日(月)19時〜です。

冬の間に鈍ってしまった体を動かしにきませんか?

今年からご講師が交代されますが、参加費(800円)とヨガマットレンタル費用(200円)は据え置きです。
ご講師から、参加費500円、ヨガマットレンタルは無料(要事前連絡)とのご提案をいただきました!ワンコインです。

その後の日程は以下の通りです。

5月10日(水)

6月11日(日)

7月13日(木)20日(木)

8月7日(月)

それ以降は決まり次第、ご覧の場所(こちら)でお知らせいたします。

どなたでもご参加いただけます。一緒に体をほぐして、いい汗流しましょう。

 

講師紹介 「吉田典子さん」

2012年 NPO法人日本ヨガ連盟ヨガボランタリー講座終了

2014年 ヨガニードラセラピスト養成講座終了

2015年 リストラティブヨガ指導者養成講座終了
タイヨガマッサージセラピスト養成講座終了

2016年 NPO法人日本ヨガ連盟ヨガインストラクター養成講座終了

現在、浅井文化ホール  姫マルシェ  ごはんやくまくま  他でインストラクターとして活躍中。

 

先生からのメッセージ

2005年頃、子育てのストレス解消法を探していたところ、ヨガと出会いました。

周りに合わせることなく、自分に意識を向けていく、自分のペースで出来るというところが、その時の自分にすごくマッチしました。

2012年、体型・体力の衰えを感じ、少し真面目に取り組もうとし始めた頃、友人から『教えて欲しい』という声をいただいたことで、養成講座を受けることにしました。

色々な流派のヨガを体験して、私という人間が伝えるヨガを目指して心がけて伝えています。 そして、目の前の人に丁寧に対応していき、その人に合わせたヨガをお伝えできるように意識しています。

2017年3月 / 春季永代経のご案内

3月 9th, 2017 Posted in コトバ, 法要案内 | no comment »

死とは、死を賭して周りの者を導く、人生最後の授業 

                      藤原新也

 

今年に入ってからもまた、お浄土へとお見送りすることがありました。

 

長浜に住んで丸11年が経つと、それなりに関係性もでき、その中で生まれた思い出も少なからずあります。

 

「一生を終えて後に残るのは、我々が集めたものではなく、与えたものである」とはGérard Chaudry(ジェラール・ショドリー)というフランスの聖職者のことばだそうですが、遺された者の一人としては、しみじみとそのことを実感しています。

 

長浜では50回忌を一つの区切りとしておられます。

先月お見送りした方のお宅も、すでに皆さん50回忌を終えておられました。

 

しかし、それでも月参りをしてほしいとご依頼くださり、そのお陰で他所から来た私にも色々と思い出ができました。

 

囲碁や短歌、俳句などを教えていただきました。

それらがご縁となって、知らなかった世界観に出遇わせていただき、それまで考えたことが無かったことも考えさせていただきました。

 

それに、お参りの際に耳が遠いとおっしゃっていた会話が本堂の音響を整えるきっかけにもなりました。

色んなお話を聞かせていただきましたし、むしろ聞いていただいたことの方が多かったかもしれません。

 

また今月お見送りした方は、色んなご縁が重なって6年程前にお会いした方で、ご夫婦で会社を経営しておられました。お話をお聞きしたり社員さんと関わったりしておられるお姿から、多くの示唆を与えていただいたようなことがありました。

 

そう考えてみますと、やはり私の人生全体は、実は全て偶然のご縁の中での出来事で、私が考えて獲得したのではなく、全ては与えていただいていたことだったように思います。

私たちは複雑に絡むご縁の連鎖から生まれる果を縁として、無限に反応しあって生きているということでしょう。

 

つまり、自分が存在しているということは、他者と無縁であることができないでいるということです。

縁ある他者との別れは、与えて続けてくださったものを再確認させてくださることを通して故人と出遇いなおす縁ともなり、与えていただいたもの全てを獲得したものと錯覚し、あって(居て)当たり前だと勘違いしていた傲慢な自分とも出遇いなおすことになるのだと思います。

 

経験、苦労、知識、得たもの全てを自分の手柄にして生きる私の浅ましさに出遇いなおす。

自分の影を見せてくださったその故人はもはや、私にとって真実の姿を教えてくださった光だといってもいいのではないでしょうか。

 

この二度と戻らない最後の授業、疎かにはできませんね。

 

まもなく永代経です。

それぞれに思い出す人は違っても、その人生において一度は最後の授業を受けて来られたはずです。

 

同じ人間として、今共に生きる私たちが、慶運山長源寺という道場に集い、澤面先生のお話を通して朋なるいのちの世界に出遇いなおす道を再確認させていただきたいと思います。

是非、お参りください。

 

◎4月2日(日)午前10時~ と 午後2時~ いずれも本堂にて勤まります。

ご法話は 長浜市相撲町 淨願寺 澤面 宣了 師 です。