2018年3月

慈悲に聖道・浄土のかわりめあり

歎異抄 第4章

滋賀医科大学で「医の倫理合同講義」というものがあるとネットニュースで知りました。

年に1度、内部の医学生と外部の宗教者が互いの役割を知って「死生観」を深め、終末期の患者さんとの向き合い方を議論するのだそうです。
講師を務められたのは鹿児島市にある浄土真宗本願寺派の善福寺住職、長倉伯博さん(64)。長らく緩和ケア病棟で活動していらっしゃるのだとか。

記事にはこうあります。

『学生からは、もし自分が担当する患者だったらどう対処するかという観点で意見を出されたが、大半が口にしたのは医療側からの希望だった。すると、患者の言いたいことをひたすら聞く「傾聴」を実践している、ある僧侶がこう諭した。「この方は自分がどうなるかを知った上で苦しんでいる。そのとき、どうしたり、どう言ったりすれば共感してもらえるだろうか」
学生に対し、表面的な言葉や態度ではなく、患者の立場や気持ちに思いを寄せるよう促したのだ。』

記事以外の具体的な講義内容はわかりませんが、その記事から感じたのは、私は私の視点でしか誰とも関われないということです。

相手の視点に立とうとすることはあっても、完全には立てないということです。

以前、住職としてご遺族に対して、何とかさせていただかなければと思い、一生懸命中陰毎にお話し続けたことがありました。

満中陰を過ぎ、その後どう過ごしていらっしゃるのか気になって色々考えていた時に、とんでもない思い違いをしている事に気付かされました。

儀式を執行している私も勿論、寂しかったのですが、帰れば家族がおります。しかし、ご遺族は私が帰った後も、大切な人が亡くなられた場所で生活していらっしゃるわけです。

私の行為が善意によるものであったとしても、何かがわかって、何かができると思っていた自分の傲慢さに胸が痛かったことを覚えています。

寄り添うということの難しさと、住職として引っ越して来たこの町で、仏法を拠り所に共に生き、共に死ぬという事を深く考えさせられました。

『医療の目的は病気を治すことよりも、人生を深く味わう機会を患者に作ることに置くべきではないか。そう考えないと、人の死に直面したとき、医療には敗北しか残らない』とは講師の長倉さんの言葉です。

一人一人、その時その時、スカッとした正解の無い人生です。
では私自身はどのように生きたいのか。共に教えに聞き、考えていきたいと思います。

 

This entry was posted on 土曜日, 3月 24th, 2018 at 09:23 and is filed under コトバ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply